サイトメニュー

金銭的補助を国から受ける

悩む男性 障害者年金を受け取れる病気や障害はたくさんありますが、うつ病もその一つなので、困っているのなら申請をしましょう。うつ病の場合は、年金請求書と必要な書類をすべて揃えることで、国に対して障害者年金の申請を行えます。

詳しく見る

精神科へ通院中の人へ

カウンセリング うつ病になって障害者年金を受給するためには、条件があります。条件を満たしている人は、再開した仕事をずっと続けるために、障害者年金を利用することを検討してみましょう。障害者年金を受け取るためには、たくさんの手間と時間が必要です。

詳しく見る

支援制度を利用する

悩む男性 症状が重いうつ病の場合は、国に申請をすることで、障害者年金を受給できることがあります。障害者年金が受給できるかどうかは、うつ病を診てくれているドクターの診断書が重要になるため、診察でのコミュニケーションは大切にしましょう。

詳しく見る

時間が経過していても申請可

ハートを持つ医者

初診日・退職証明は必ず取得しよう

会社勤めでうつ病を発症し働けなくなってしまい、障害者年金を申請する方は沢山いらっしゃいます。いざ受給したいと申請しても、初診日や会社の証明書が確認が取れず、受給の認定が降りないケースがあります。原因としては、書類不備で、申請できなかったというトラブルです。特に証明書で一番気を付けたいのは、初診日証明書と病気による退職の証明書ですが、根気強く行動すれば必ず取得できます。その証明書の特徴、取得方法を説明していきます。まず障害者年金の申請には、いくつもの書類が必要になります。特に気を付けなければいけないのが、初診日の証明書と病気による退職した証明書です。うつ病のような症状が出て、初めて病院を利用した日が初診日となります。その後、別の病院に転院していたとしても、初診日の証明書は必ず「症状が出始めてから初めて行った病院」から貰わなくてはいけません。5年以内であればカルテはデータとして残っているので、病院に問い合わせをして作成してもらいましょう。万が一、カルテが残っていなくても、マイクロフィルムにて保管業者が預かっている可能性があります。カルテがないと門前払いをされてしまっても、マイクロフィルムによる保管はないか必ず聞くようにしましょう。また、うつ病で退職をすることになった場合、必ずその病気によって退職をしたという証明書をもらっておきましょう。病気で働けなくなったという証明になるからです。退職してからも申請ができますが、気まずくないよう退職と同時に申請をするのがベストです。必ず、日付と年度が記載されたものを作ってもらうようにして下さいね。
障害者年金の存在を知らなかった、または申請できないと勘違いをしていて手続きをしなかった場合は、よくあります。うつ病で全くそういったことを考える余裕がない場合も、大いにあり得るからです。そういった方でも、障害者認定日から最大で5年以内であれば、遡求請求をすることができます。本来の請求は、障害者認定日から1年以内に申請をしなければいけません。ですが、申請が何らかの理由でできなかった場合、それが認められれば申請をすることができます。注意点としては、年金受給該当の時期に別の手当て(傷病手当てなど)を受け取っていた場合、その時期のみ年金は入ってきません。年金申請後に、生活保護を同時に受ける時、生活保護費が減額になることがあります。またよく勘違いをしてしまう点として、障害者手帳が3級なので、年金は受け取れないと考えている方がいます。お医者さんとのコミュニケーション不足で、うまく病状を伝えられなかったりして、思ったように等級を受けられないことがあるのです。そういった場合、お医者さんとよく相談をしなければいけませんが、うつ病のせいででうまく話ができない方もいますよね。そんなときは、社労士さんにサポートしてもらいながら、話を進めていくのがいいでしょう。社労士さんは、障害者年金の申請基準に詳しいので的確なアドバイスをもらえます。時間が経過していたり、障害者等級表で該当する等級よりも、低い等級の手帳をもらってしまったとしても、決して諦めないでください。実際障害者手帳と障害者年金の等級は別物です。証明書を1つずつきちんと用意していけば必ず申請ができますので、安心してくださいね。